キャンプ場リポート

キャンプツーリングをもっと楽しくしよう!

せたな青少年旅行村

せたな青少年旅行村
北海道久遠郡せたな町瀬棚区
国道229号線を南向きに走りせたな町内で道道447号線に左折して入ります。1km程走ると左手に「せたな青少年旅行村」の看板のある入口があります。ここから立像山を上った所にキャンプ場があります。
テントサイト以外にも、バンガロー、ケビンで宿泊することが出来ます。テントサイトは段々畑の様に3ヶ所に分かれていてサイト内への乗入れは禁止になっている。駐車場が隣接していてトイレと水場が近くにあるのが管理棟横にあるサイトだけなので、そちらに設営することをお勧めするが、不便でも眺めの良い所を希望する方は、場内の1番奥にある展望台の近くに設営すると眺めが最高です。ただし、展望台近くはテントサイトでは無いので、管理棟で了解を得て設営するようにしましょう。また、展望台近くは海風をまともに受けるので風が強い日はしっかりとペグダウンしてテント、タープが倒壊しないように注意しましょう。
料金は入村料が大人410円で、持ち込みテント(タープ含み)820円で利用可能です。
食材調達はせたな町瀬棚区内に大きいスーパー等は無く、キャンプ場から国道229号線に戻った交差点角にある「新函館農業協同組合瀬棚支店Aコープ瀬棚店」か、国道229号線を1km南下した所にある「セイコーマート瀬棚店」しかありません。国道229号線を10分程南下したせたな町北檜山区まで走ると「こさき食料品店」「フードセンター・かんの
」「ホーマックニコット北桧山店」等があり、ある程度の物が揃うと思います。
お風呂は「セイコーマート瀬棚店」近くの交差点から南に向かって右折(海側)へ入った付近に「せたな公営温泉浴場やすらぎ館」があり大人400円で入浴出来ます。

こちらのキャンプ場を利用されるのであれば展望台近くに設営をすることをお勧めします。多少不便ではありますが、眺めが良い上に人が少ないので静かに過ごすことが出来る最高のキャンプ場だと思います。(必ず管理棟で了解を得て設営して下さい。)

また、キャンプ場から国道229号線に出て北へ200m程走った右手あるに美味しい岩シューを売っている「甲田菓子店」あるので是非寄ってみて下さい。

近くの観光スポットとしては国道229号線を南下してせたな町北檜山区から道道740号線を20km程走ると日本一危険な神社と言われている「太田神社」があるので、参拝してツーリングの安全を祈願して行って下さい。
#北海道ツーリング
#バイクツーリング
#キャンプツーリング
#北海道久遠郡せたな町瀬棚区
#せたな青少年旅行村
#せたな公営温泉浴場やすらぎ館
#甲田菓子店
#太田神社

f:id:bike-touring:20200109233655j:plain

せたな青少年旅行村

f:id:bike-touring:20200109233712j:plain

せたな青少年旅行村

f:id:bike-touring:20200109233729j:plain

せたな青少年旅行村・トイレ

f:id:bike-touring:20200109233757j:plain

せたな青少年旅行村・展望台からの眺め

f:id:bike-touring:20200109233830j:plain

せたな青少年旅行村・展望台からの眺め

f:id:bike-touring:20200109233907j:plain

太田神社

f:id:bike-touring:20200109233931j:plain

太田神社