バイクで行ったキャンプ場

キャンプツーリングをもっと楽しくしよう!

大間崎テントサイト

青森県下北郡大間町
大間崎テントサイト
本州最北端にあるキャンプ場で国道338号線を大間町からさらに北上した所にあります。最北端のマグロモニュメントがある海に面した通りから一筋入った場所にキャンプ場があります。
利用料金は無料で24時間使用可能な炊事棟とトイレがあります。駐車場に面して芝のフリーサイトが広がっていて、申し込み等も必要ありません。
バイクの乗入れ、直火等は禁止で、ゴミの持ち帰りとなります。
テントサイト、炊事棟、トイレは綺麗にされていて快適に過ごす事が出来ます。
食材調達はキャンプ場から5分程走った大間町内に「マエダストア大間店」があるので、テントを設営してから買出しに行く事が出来ます。
お風呂はキャンプ場から5分程走った所に「大間温泉 海峡保養センター」があり大人380円で入浴できます。
北海道に渡る「津軽海峡フェリー大間ターミナル」まで10分程で行けることから、ファリーに乗り込むライダーや、北海道から本州へ渡って来たライダーの利用も多いです。
こちらキャンプ場のお薦めは、本州最北端のキャンプ場である事です。キャンプ場自体がお薦めであるとともに、やはりマグロです。キャンプ場の横には大間のマグロが食べられるお店が数軒あるので、是非大間のマグロを食べて下さい。また、本州最北端の碑マグロモニュメントも近くにあるので記念写真もお忘れなく撮って下さい。
大間崎のある下北半島には、寒立馬の居る尻屋崎日本三大霊山に数えられる恐山霊場、名勝仏ヶ浦等の見所も沢山あります。また「むつはまなすライン(国道279号線)」「海峡ライン(国道338号線)」「かもしかライン(県道46号線)」等のお薦めツーリングロードも沢山あるので何日かかけて下北半島を回ってみるのもお薦めです。
#青森県ツーリング
#バイクツーリング
#キャンプツーリング
#青森県下北郡大間町
#大間崎テントサイト
#津軽海峡フェリー大間ターミナル
#大間温泉海峡保養センター
#本州最北端
#マグロモニュメント本州最北端の碑
#大間のマグロ
#さつ丸商店 
#尻屋崎
#恐山霊場
#恐山温泉(花染の湯)
#仏ヶ浦
#むつはまなすライン
#海峡ライン
#かもしかライン
#ツーリングでピース

大間崎テントサイト

大間崎テントサイト

大間崎テントサイト

大間崎テントサイト

大間崎テントサイト・炊事棟

大間崎テントサイト・炊事棟

大間温泉海峡保養センター

大間温泉海峡保養センター

津軽海峡フェリー大間ターミナル

津軽海峡フェリー大間ターミナル

さつ丸商店(大間のマグロ)

さつ丸商店(大間のマグロ)

さつ丸商店(大間のマグロ)

さつ丸商店(大間のマグロ)

大間のマグロ(さつ丸商店)

大間のマグロ(さつ丸商店)

マグロモニュメント本州最北端の碑

マグロモニュメント本州最北端の碑

恐山霊場

恐山霊場

恐山温泉(花染の湯)

恐山温泉(花染の湯)

恐山温泉(花染の湯)

恐山温泉(花染の湯)



伊勢ゲストハウス紬舎

三重県伊勢市
伊勢ゲストハウス紬舎
近鉄伊勢市駅の北口から東に向かって(駅を正面に見て左)走ると正面にスーパーが見えます。そのスーパーの横の道を直進します。300m程走り「伊勢河崎商人館」の案内板がある左T字路(一方通行)を左折して、二つ目の路地を左に入ったところにゲストハウスがあります。最後の路地はバイクに乗ったまま入ることが出来ませんので、バイクを降りて押して入ってください。
MIXドミトリー、女性専用ドミトリー、6畳和室(1~3名)、9畳洋室(2~4名)があり、ドミトリー料金が1人2,800~3,000円でバイクは敷地内に駐車可能ですが、早朝に出発をする場合は近隣の迷惑になるので大通りまでエンジンをかけずに押して出ます。
事前予約が必須で、繁忙期は早目に予約をすることをお薦めします。大正時代に建てられた商家の邸宅を改装された趣のあるゲストハウスで、女性がオーナーということもあり、各部屋、トイレ、洗面所等は綺麗に清掃されていて随所にオーナーのセンスを感じる居心地の良いゲストハウスだと思います。
食事は、近くにある居酒屋や飲食店をオーナーが紹介してくれるので、予算や自分の好みに合ったお店が見つかると思います。

お風呂は徒歩3分の所に「汐湯 おかげ風呂舘 旭湯」があり大人400円で入浴出来ます。海水露天風呂等もあるので、銭湯発祥の地と言われる伊勢の銭湯を楽しんでみてください。

伊勢神宮外宮までバイクで5分、伊勢神宮内宮まで15分と伊勢参りには立地が良いので、翌朝早目にチェックアウトして早朝の伊勢神宮を参拝するのも良いと思います。
近くには伊勢道パールロード、伊勢志摩スカイライン等もあり三重ツーリングを楽しむことも出来ますし、少し足を延ばして志摩市にある「志摩地中海村」に行くと異国情緒漂う中で、インスタ映えする写真を撮ることも出来ます。また、時間があればローカル感のある少しユルい、イルカやアシカのショーを行っている「イルカ島海洋遊園地」に行ってみるのも面白いと思います。
#三重県ツーリング
#バイクツーリング
#キャンプツーリング
#三重県伊勢市
#伊勢ゲストハウス紬舎
#汐湯おかげ風呂舘旭湯
#伊勢神宮
#伊勢道 
#パールロード

#伊勢志摩スカイライン

#志摩地中海村

#イルカ島海洋遊園地

f:id:bike-touring:20190716221746j:plain

伊勢ゲストハウス紬舎

f:id:bike-touring:20190716221944j:plain

伊勢ゲストハウス紬舎

f:id:bike-touring:20190716222038j:plain

伊勢ゲストハウス紬舎

 

f:id:bike-touring:20190716222109j:plain

汐湯 おかげ風呂舘 旭湯

f:id:bike-touring:20190716222219j:plain

伊勢神宮内宮

f:id:bike-touring:20190716222334j:plain

伊勢内宮前 おかげ横丁

f:id:bike-touring:20190716222514j:plain

伊勢志摩スカイライン

f:id:bike-touring:20190716222602j:plain

伊勢志摩スカイライン

f:id:bike-touring:20190716222657j:plain

志摩地中海村

f:id:bike-touring:20190716222741j:plain

イルカ島海洋遊園地

 

千枚田オートキャンプ場

三重県熊野市紀和町
千枚田オートキャンプ
熊野市内から国道311号線を約20km(約30分)「丸山千枚田」を目指して西に走ると県道780号線へ入るY字交差点がありますので、右折して県道780号線を約2km程走りオートキャンプ場の看板のある右T字交差点を右折してしばらく走るとキャンプ場の入口が見えてきます。
料金は1人400円、電源無し区画使用料3,500円です。
1区画に、4m角のウッドデッキと4m角の芝生、乗用車が2台停めれる駐車スペースがあり、ツーリングキャンプには広すぎるスペースが用意されています。ソロテントでしたら4張りは設営可能だと思いますので、グループでの利用に適していると思います。
サイトは完全予約制となっていて、場内にはドッグサイトやドッグラン等も設備されていて、ペット連れのファミリーキャンパーに人気が高いキャンプ場で繁忙期は早目の予約をお薦めします。

トイレは管理棟に1ヶ所、炊事場は管理棟横に1ヶ所あり綺麗に清掃されています。

近くに大型スーパーは無く、一番近いスーパーは熊野市内のオークワ有馬店になるのでキャンプ場に向かう前に調達することをお薦めします。
お風呂はキャンプ場から約6km(約10分)走ったトロッコ電車小川口駅近くに「瀞流荘」があり大人620円で入浴できます。
このキャンプ場のお薦めは、バイクで5分で行ける距離にある「丸山千枚田」です。6月初旬に行われる虫送りは、夕刻の千枚田に松明が灯され素晴らしい風景が見れるとあって、虫送りに合わせてキャンプ場を利用するキャンパーもいるほど人気のイベントです。
また、キャンプ場から約15km(約25分)走ったところにある瀞ホテルでは瀞峡の絶景を見ながらランチが楽しめます。(人気が高いため予約必須です。)

その他にバイクで30分圏内には世界遺産の「熊野本宮大社」「熊野速玉大社」「鬼ヶ城」「花窟神社」等の観光スポットがあます。

熊野街道中辺路」や「十津川街道」「東熊野街道」等のお薦めツーリングロードへのアクセスも良いお薦めキャンプ場です。

#三重県ツーリング
#バイクツーリング
#キャンプツーリング
#三重県熊野市紀和町
#千枚田オートキャンプ場
#丸山千枚田
#熊野本宮大社
#熊野速玉大社 
#鬼ヶ城
#花窟神社
#熊野街道中辺路
#十津川街道
#東熊野街道

f:id:bike-touring:20190714010058j:plain

千枚田オートキャンプ場

f:id:bike-touring:20190714010127j:plain

千枚田オートキャンプ場

f:id:bike-touring:20190714010207j:plain

丸山千枚田

f:id:bike-touring:20190714010226j:plain

丸山千枚田虫送り

f:id:bike-touring:20190714010314j:plain

瀞峡

f:id:bike-touring:20190714010336j:plain

瀞ホテル

f:id:bike-touring:20190714010419j:plain

熊野本宮大社

f:id:bike-touring:20190714010447j:plain

熊野速玉大社

f:id:bike-touring:20190714010536j:plain

鬼ヶ城

 

向平キャンプ村

和歌山県西牟婁郡白浜町向平
向平キャンプ村
紀勢自動車道日置川ICから県道37号線を約10km(約20分)北上して「えびね温泉」を越えた右手の橋を渡ったところにキャンプ場があります。
料金は1人430円、区画使用料1,080円でバイクの乗り入れは可能です。
事前予約が必要ですが、サイト数も多く当日の予約でも空きはあると思われますが、事前に予約することをお薦めします。着順で好きなサイトを選べるので、数ヶ所ある東屋の隣接するサイトが空いていればそちらをお薦めします。雨が降った時などはかなり重宝します。
トイレ、炊事場は各1ヶ所あり比較的綺麗に清掃されています。
一番近いスーパーは紀勢自動車道日置川ICを越えたところにオークワ日置店があるのでチェックイン前もしくは設営後に買い出しが可能です。
お風呂はキャンプ場入口の橋を渡ったところに「えびね温泉」があり大人600円で入浴できますが、18時に閉館しますので注意して下さい。時間的に「えびね温泉」が無理な場合は、紀勢自動車道日置川ICを越えて更に5分程走ると「リヴァージュ・スパひきがわ」があります。こちらは21時まで営業で大人650円で入浴できます。
このキャンプ場のお薦めは、「アドベンチャーワールド」や「とれとれ市場」まで紀勢自動車道を使って40分で行けるということです。キャンプ場をベースにして朝9時に出発しても「アドベンチャーワールド」の開園前に着くことができます。キャンプツーリングの途中に「アドベンチャーワールド」で遊びたい方にはお勧めです。
#和歌山県ツーリング
#バイクツーリング
#キャンプツーリング
#和歌山県西牟婁郡白浜町
#えびね温泉
#リヴァージュ・スパひきがわ
#アドベンチャーワールド
#とれとれ市場
 

f:id:bike-touring:20190705231401j:plain

向平キャンプ村

f:id:bike-touring:20190705231422j:plain

向平キャンプ村

f:id:bike-touring:20190705231456j:plain

アドベンチャーワールド

f:id:bike-touring:20190705231517j:plain

とれとれ市場

 

渡瀬緑の広場キャンプ場

和歌山県田辺市本宮町
渡瀬緑の広場キャンプ場
田辺市内から国道311号線熊野街道中辺路)を約50km(約1時間)熊野本宮方面に走り本宮町渡瀬に入るとトンネルを出た左手に渡瀬緑の広場キャンプ場への看板がありますので、看板に従って左折して5分程走るとキャンプ場に到着します。受付はキャンプ場を通り過ぎた突き当りにあるクアハウス熊野本宮で行います。
料金は1人620円バイク1台110円でバイクの乗り入れ可能なサイトがあります。直火は禁止です。
サイトはフリーサイトとバイク乗入れ可能なサイトに分かれていてバイク乗入れ可能なサイトはサイトと言うより空き地といった雰囲気で、サイトの隅にはボルト等が落ちていて、雨が降ると泥濘が出来そうな感じのサイトでした。
トイレ、炊事場は各1ヶ所あり綺麗に清掃されています。
近くには小さな「正八」という商店が1軒あるだけで大きなスーパーは無く、国道311号線田辺市方面に30分程走った中辺路町内の「Aコープ紀南熊野古道ちかつゆ店」まで走らないといけないのでキャンプ場に向かう前に調達することをお薦めしますが、「正八」でもそれなりの食材を調達することは可能です。
お風呂はキャンプ場の受付を行ったクアハウス熊野本宮で大人620円で入浴できます。
キャンプ場近くには世界遺産に登録された「湯の峰温泉つぼ湯」や「仙人風呂」「熊野本宮大社」等がバイクで10分圏内にあるので早い時間に設営を済ませてバイクで散策するのも楽しいと思います。
キャンプ場から田辺市内に伸びる国道311号線熊野街道中辺路)はツーリングロードとしても楽しむことも出来ます。
#和歌山県ツーリング
#バイクツーリング
#キャンプツーリング
#和歌山県田辺市本宮町
#渡瀬緑の広場キャンプ場
#わたらせ温泉
#熊野街道中辺路
#湯の峰温泉つぼ湯
#仙人風呂
#熊野本宮大社

f:id:bike-touring:20190604000005j:plain

渡瀬緑の広場キャンプ場(バイク乗入れ可能サイト)

f:id:bike-touring:20190604000312j:plain

渡瀬緑の広場キャンプ場(バイク乗入れ可能サイト)

f:id:bike-touring:20190604000336j:plain

渡瀬緑の広場キャンプ場(フリーサイト)

f:id:bike-touring:20190604000428j:plain

渡瀬緑の広場キャンプ場(炊事棟)

f:id:bike-touring:20190604000503j:plain

熊野本宮大社

f:id:bike-touring:20190604000528j:plain

熊野本宮大社

f:id:bike-touring:20190604000548j:plain

熊野本宮大社









泉の森オートキャンプ場 小広荘

奈良県吉野郡天川村
泉の森オートキャンプ場 小広荘
橿原市内から国道169号線、国道309線を使って約40km(約1時間)南下します。長いトンネルを2つ越え、左手にある「天川村ふれあい直売所小路の駅てん」を越えると県道21号線があるので左折します。県道21号線を約5km走ると左手に「大峯山洞川温泉観光案内所」があるY字路を左に入り県道48号線を約1km行くと右手にキャンプ場が見えてきます。
料金はバイク1台、テント1張り、1名で1,500円、バイクの乗り入れは可能です。直火は禁止です。
キャンプ場の管理は人の好さそうなオバチャンが1人で行っておられて、管理棟の奥が自宅になっているようで、24時間常駐されていますが、夜は早い時間に就寝されるみたいです。予約無しでも空きがあれば利用できますが、可能であれば予約をする方がよいでしょう。
トイレ、炊事場は各1ヶ所あり綺麗に清掃されています。
近くに大型スーパーがなく、食材調達は国道309号線を橿原市方面に40分程走った下市町内の「Aコープ下市店」、大淀町内「ライフ大淀店」まで走らないといけないのでキャンプ場に向かう前に調達することをお薦めします。
お風呂は県道48号線を2km南下すると「村営洞川温泉センター」があり大人600円で入浴できます。キャンプ場でも1人500円で入浴することが可能です。
サイトは区画サイトとフリーサイトに分かれているようですが、利用客が少ない時などは特に指定されることはなく空いてるところを自由に使わせていただけるようです。
キャンプ場近くの洞川温泉は昭和レトロな温泉街の雰囲気が残っていて浴衣姿で出歩く人もいて風情があるのでお風呂に入りに行った時にバイクを降りて散策するのも楽しいと思います。
キャンプ場の東には「東熊野街道」西には「十津川街道」といったツーリングロードが南北に走っておりアクセスも良いです。また、「奈良公園」「高野山」へも1時間半ほどで行くことが可能で観光を楽しむことも出来ます。
高野山」を散策して「高野龍神スカイライン」「龍神街道」を走るというプランも良いかと思います。
但し、こちらのキャンプ場は標高が高野山と同じ位あるため、季節によっては夜がかなり冷え込みますので防寒対策をしっかりすることをお薦めします。
#奈良県ツーリング
#バイクツーリング
#キャンプツーリング
#奈良県吉野郡天川村
#泉の森オートキャンプ場小広荘
#洞川温泉
#東熊野街道
#十津川街道
#奈良公園
#高野山
#高野龍神スカイライン
#龍神街道

f:id:bike-touring:20190513001331j:plain

泉の森オートキャンプ場 小広荘

f:id:bike-touring:20190513001418j:plain

泉の森オートキャンプ場 小広荘

f:id:bike-touring:20190513001434j:plain

泉の森オートキャンプ場 小広荘

f:id:bike-touring:20190513001457j:plain

泉の森オートキャンプ場 小広荘

f:id:bike-touring:20190513001518j:plain

洞川温泉

f:id:bike-touring:20190513003703g:plain

奈良公園

f:id:bike-touring:20190513003731j:plain

高野山

f:id:bike-touring:20190513003746j:plain

高野龍神スカイライン





知床国立公園羅臼温泉野営場

北海道目梨郡羅臼町
知床国立公園羅臼温泉野営場
「道の駅知床・らうす」から国道334号線(知床横断道路)斜里町ウトロへ向かって5分程走った右手にキャンプ場入口があります。右手には「熊の湯」があります。
料金は大人300円で、ゴミ処分(有料ゴミ袋)200円で、サイトは丸太で区切られた区画サイトになっていて、バイクの乗り入れは禁止ですが、荷物の積み降ろし時だけ乗入れを許可してくれる時があります。直火は禁止ですが、各サイトに焚火用の炉が設置されています。
管理人さんは17時位までは常駐しています。予約無しでも利用できますが、シーズン中は混み合うことがあるので、早目にチェックインする方がよいでしょう。
トイレは2ヶ所、炊事場は3ヶ所あり綺麗に清掃されています。
食材調達は15分程走った羅臼町内に「ホーマックニコット羅臼店」があります。
お風呂は国道334号線を挟んだ向かいに「熊の湯」があり無料で入浴できます。
知床国立公園羅臼温泉野営場がある知床国立公園は北海道の中でも最も多くヒグマが生息しているエリアで自然が豊かな場所です。ヒグマに遭遇する確率は高くありませんが、エゾシカやキタキツネなどの野生動物を見ることも出来、自然を満喫することができるキャンプ場です。
キャンプ場近くの「熊の湯」や羅臼町にある「セセキ温泉」や「相泊温泉」などの無料で入れる温泉も楽しみの一つになります。
キャンプ場の前を走る国道334号線(知床横断道路)はツーリングロードとしてもお勧めで晴れていれば絶景が望めます。また、1時間ほど走った標津郡中標津町にある開陽台は「地球が丸く見える」絶景が望める場所で「ライダーの聖地」とも言われていますので是非立ち寄ってもらいたいです。
その他の観光スポットとしては、知床五湖を歩いて散策することが出来る「知床五湖フィールドハウス」や、直線道路が天に向かって続いている様に見える「天に続く道」などもお勧めです。
#北海道ツーリング
#バイクツーリング
#キャンプツーリング
#北海道目梨郡羅臼町
#知床国立公園羅臼温泉野営場
#熊の湯
#セセキ温泉
#相泊温泉
#知床横断道路
#開陽台
#知床五湖
#天に続く道

f:id:bike-touring:20190410000424j:plain

知床国立公園羅臼温泉野営場

f:id:bike-touring:20190410000441j:plain

知床国立公園羅臼温泉野営場

f:id:bike-touring:20190410000524j:plain

知床横断道路

f:id:bike-touring:20190410000538j:plain

知床横断道路

f:id:bike-touring:20190410000626j:plain

熊の湯

f:id:bike-touring:20190410000643j:plain

熊の湯

f:id:bike-touring:20190410000837j:plain

セセキ温泉

f:id:bike-touring:20190410000910j:plain

相泊温泉

f:id:bike-touring:20190410001055j:plain

開陽台

f:id:bike-touring:20190410001110j:plain

開陽台

f:id:bike-touring:20190410001231j:plain

知床五湖

f:id:bike-touring:20190410001246j:plain

知床五湖

f:id:bike-touring:20190410001316j:plain

天に続く道